2014年3月28日金曜日

みんなの党の渡辺喜美代表、DHC会長から8億円借りて熊手買った

みんなの党の渡辺喜美代表は3月27日、国会内で記者団に対し、
化粧品販売会社DHCの吉田嘉明会長から計8億円借り入れた事実を
認めたの上で、「純粋に個人として借りた。違法性の認識はない」と述べ、
選挙費用や政治資金に充てていないとして、みんなの党の代表辞任も
否定しましたね。

DHC会長から借り入れた8億円の使途については、「会議や交際費、
旅費など政治資金を使うのにふさわしくない支出もある。公党の党首は
お金がかかる」と説明し、具体例に「酉の市でかなり大きい熊手」を
買ったなんてことを例に挙げています。

かなり大きい熊手って…正直ギャグにしか思えないんですけど(笑)

まさか、ウケを狙っていったわけではないですよね?

言い訳をするにも、無理がありすぎて、笑えるんですけど…

猪瀬知事が5000万円で辞めたのだから、渡辺喜美代表は
みんなの党の代表のみならず、議員辞職をするのが相当だと思います。

酉の市でかなり大きい熊手を買っただなんて言い訳が通用するほど
国民は甘くはないですよ。

税金で生活しているわけだなら、潔く議員辞職するべきですね。

しかし、政治というか、選挙はお金がかかって大変ですねぇ…