2013年2月6日水曜日

東京株急反発、午前終値は343円高

2月6日の東京株式市場は為替相場の円安を好感した
買い注文が膨らみ、全面高となり、日経平均株価の
午前終値は、前日比343円91銭高の1万1390円83銭で
ひけたということだ。

この株高は白川総裁が任期を待たずして辞任するということで、
円安が進み、それで株高になったといった感じですね。

しかし、この円安の進み具合はすごいですね。

まあ、そうはいっても、まだまだ93円とかなので、
以前に比べる円高なわけですが、民主党時代の
1ドル76円とかひどかったですからね。

ほんと、自民党になってから、バク上げしていますね。

どんだけ、民主党がひどかったのかって感じですが、
今後もこの調子で円安が進んで、1ドル100円を超す
水準で安定してもらいたいものですね。

1ドル100円ぐらいになれば、輸出企業の収益も
増えるでしょうし、更に株高になっていくんじゃないでしょうか。

今ぐらい分かりやすい相場なら、FXソフトなんて必要ないかもですね。

まあ、これだけ分かりやす相場もそうないでしょうが…

2013年1月18日金曜日

鳩山元首相は国賊

「尖閣諸島を係争地と認めることが大事だ」との鳩山由紀夫元首相の
中国での発言について、小野寺五典防衛相は、「日本にとって大きな
マイナスだ。言ってはいけないが『国賊』という言葉が一瞬、頭をよぎった」
と述べて、鳩山由紀夫元首相を強く非難したということだ。

総理大臣まで上り詰めた人が言うことではないですよね。

民主党って、どうしてこうも中韓寄りだったんでしょうね。

今日はようやく1ドル90円まで戻ってきたし、民主党政権は
一体なんだったんだろうって感じですね。

なんか選挙前にメディアに誘導された国民が民主党に
入れて、おかしくなってしまった2年半だったなって感じです。