2012年12月17日月曜日

菅前首相が比例で復活当選

民主前職の菅直人前首相が、東京18区では自民元職の
土屋正忠氏に敗れたが、比例の東京ブロックで復活当選し、
11選を果たしたということだ。

出た、比例での復活当選!

この制度、正直やめてもらいたいんですけど…

国民からしてみれば、小選挙区で落選しているのに、
比例で復活だなんてどういうことなんだって話に
なりますよね。

そもそも、比例区なんているのかって話ですが、
比例区がないと、今の小選挙区制度では共産党なんかは
当選者が出ないので、あったほうがいいのかもしれないけど、
どうなんだろうねぇ…って感じです。

ってか、選挙区を大きく分けないで、東京で何人、大阪で
何人って感じで選挙をやったら、比例区なんていらないし、
そっちのほうがいいとは思うんだけどね。

ブロックに分けすぎるからこんな感じになるわけで、
各都道府県で何人って感じにするほうが1票の格差も
是正しやすいと思うし、いいと思うんだけどね。

あと、人数多すぎだから、半減ぐらいにしてほしいです。

参議院は2回に分けてやるので、1回やめれば簡単に
半減できるし、衆議院も次回の選挙では半減ぐらいに
してもらいたいものです。

それと、政党助成金も廃止にしませんか?

共産党なんてもらっていないし、政党には党員がいるわけだから、
そこから会費を徴収して党を運営すればいいと思うんだけどね。

あと、政治家の特権も廃止でどうでしょう?

新幹線にただで乗れるとかやめてもらいたいです。