2012年12月17日月曜日

菅前首相が比例で復活当選

民主前職の菅直人前首相が、東京18区では自民元職の
土屋正忠氏に敗れたが、比例の東京ブロックで復活当選し、
11選を果たしたということだ。

出た、比例での復活当選!

この制度、正直やめてもらいたいんですけど…

国民からしてみれば、小選挙区で落選しているのに、
比例で復活だなんてどういうことなんだって話に
なりますよね。

そもそも、比例区なんているのかって話ですが、
比例区がないと、今の小選挙区制度では共産党なんかは
当選者が出ないので、あったほうがいいのかもしれないけど、
どうなんだろうねぇ…って感じです。

ってか、選挙区を大きく分けないで、東京で何人、大阪で
何人って感じで選挙をやったら、比例区なんていらないし、
そっちのほうがいいとは思うんだけどね。

ブロックに分けすぎるからこんな感じになるわけで、
各都道府県で何人って感じにするほうが1票の格差も
是正しやすいと思うし、いいと思うんだけどね。

あと、人数多すぎだから、半減ぐらいにしてほしいです。

参議院は2回に分けてやるので、1回やめれば簡単に
半減できるし、衆議院も次回の選挙では半減ぐらいに
してもらいたいものです。

それと、政党助成金も廃止にしませんか?

共産党なんてもらっていないし、政党には党員がいるわけだから、
そこから会費を徴収して党を運営すればいいと思うんだけどね。

あと、政治家の特権も廃止でどうでしょう?

新幹線にただで乗れるとかやめてもらいたいです。

2012年11月21日水曜日

自民党が公約最終案「日銀法改正も視野」

自民党は20日、衆院選の政権公約の最終案をまとめ、
日銀法改正も視野に政府、日銀の連携強化の仕組みを作り、
大胆な金融緩和を行うと明記したということだ。

公約に明記するのはいいけど、実際はやんのか?って話だよね。

民主党なんて公約をことごとく反故にしちゃったし、
選挙目当ての公約ってアテにならないんだよね。

公約にするなら、必ず実行するぐらいの気持ちで
頑張ってもらいたいです。

嘘つきの政治家はいらないです。

2012年11月15日木曜日

民主、離党者続出で混乱

野田佳彦首相が16日の衆院解散を決断し、
政府・民主党が12月4日公示の16日投開票の
日程を決めたことを受け、離党者が続出しているようです。

山田正彦元農林水産相(衆院長崎3区)、富岡芳忠(比例北関東)、
山崎誠(比例南関東)、長尾敬(大阪14区)、中川治(大阪18区)の
各衆院議員が離党を決断したということです。

しかし、比例で当選しているのに、離党するってどういう
神経をしているんでしょうね?

比例で当選している議員さんは離党したら、クビにしないと
有権者も納得しないんじゃないかな?

ってか、比例区って必要か?って思いますけどね。

まあ、公明や共産党は比例がないと当選ができないから
必要だって意見もあるかもですが、そもそも党を選ぶというのは
どうかと思いますね、個人的には。

選挙なので、人を選ぼうよってね。

2012年10月24日水曜日

新車販売、消費増税で150万台減

日本自動車工業会は、消費税率が2015年10月に10%まで
引き上げられた後、16年以降の国内新車販売台数は
年間350万台程度に落ち込むとの試算をまとめたということだ。

まあ、消費税が上がったら、消費が落ちるのは仕方ないでしょうね。

消費税が上る前に買う人も多いと思うので、その瞬間は
売上が上がると思いますが…

どっちにしろ、消費税を上げても、売上が落ちるようなら
あまり税収が増えないかもしれませんね。

増税の前に、もっと支出を減らせって感じですが…

2012年9月27日木曜日

安倍新総裁で意識される中国リスク

自民党新総裁に安倍晋三元首相が選出されたことを受けて、
中国リスクの高まりを警戒する声が出ているということだ。

まあ、そうなのかもしれないけど、まだ野党ですよ。

しかし、野党の党首を総裁っていうのはどうかと思うんですけどねぇ…

代表でいいじゃんって感じですが…

次の総選挙では民主党は大敗するとは思うけど、
自民党が政権を奪取するというのはやってみないと
分からないって感じはするんだけどね。

2012年9月8日土曜日

大阪維新の会の新党名は「日本維新の会」

橋下徹大阪市長が代表を務める地域政党「大阪維新の会」が
次期衆院選に向け、近く結成する国政新党の党名を
「日本維新の会」とする方向で調整していることが分かった
ということだ。

さすがに、大阪維新の会という名前では国政には出ていけないから
日本維新の会という名前は妥当だろうね。

ただ、○○の会って名前はどうもお遊びっぽくてちょっといただけない
気がしますね、個人的には。

どうせなら、日本維新の党や日本維新党とかにした方がいいような
気もするんだけどね。

うーん、でも、日本維新の党や日本維新党のだと、発音的にちょっと
アレだねぇ…

まあ、自民党も自由民主党という長い名前なので、日本維新党だと、
日新党という感じに略してもいいとは思うけど…

ってか、日本維新の会ねぇ… 会はなんとかしてもらいたなぁ…

2012年8月10日金曜日

消費増税関連法案、民自公などの賛成多数で可決

参議院の社会保障と税に関する一体改革特別委員会は
8月10日、消費増税を含む一体改革関連法案を民主、
自民、公明などの賛成多数で可決したということだ。

おいおい、結局、無駄の削減をとことんやらずに、取りやすい
消費税から増税ですか…

政治家の皆さん、次の選挙で痛い目にあって下さいね。

ほんと、消費税の先延ばしもどうかとも思いますが、現状を
改善することなく、税金ばかり上げてどうすんの?って感じですよね。

ますます不況になることが目に見えていないんですかね、
政治家の人たちは…

税金ばかり上げられたのでは、FXやバイナリーオプションとかの
投資でもやらないとやってられないですね。

ほんと、税金で食っている人たちが羨ましいですわ。

2012年6月24日日曜日

消費税法案 造反規模が拡大

消費税率引き上げを柱とする社会保障・税一体改革関連法案の
衆院採決で、造反の意向を固めている民主党所属議員が
60人を超すことが読売新聞の調べで分かったということだ。

消費税の引き上げありきって感じだから、通過しないでほしい
というのが国民の願いなのかもしれないけど、この造反組は
政治的な動きもあるだろうから、自分の意志で動いている
かというとそうでもないんだろうなぁ~って気がするね。

まあ、政治なんてそういうものなんだろうけど、なんだか
国民を置き去りにしているようで、嫌ですね。

2012年5月20日日曜日

岡田氏が消費増税法案の成立に自信

岡田克也副総理は5月19日、東大で講演し、実質審議入りした
消費増税法案に関し、今国会での成立に自信を示したということだ。

あの~、消費税増税はいたしかたないとは思うけど、
まだまだ削れていないところがあるから、そっちを
議論というか、ちゃんと削ってから消費税増税論に
いってくれないと、国民は納得できないんだよね。

議員定数の削減もそうだし、色々あるだろ、
まだまだ削れるところって…って感じなんだよね。

2012年4月6日金曜日

国民新・自見氏への代表変更届

国民新党の連立維持派は4月6日午前、党代表を亀井静香氏から
自見庄三郎郵政改革担当相へ交代するための政治資金規正法
に基づく役員変更届を東京都選挙管理委員会を通じて総務省に
届け出て、総務省は受理したということだ。

まあ、どうでもいい話ですが、亀井君は今後
どうなるんでしょうかね?

そもそも国民新党自体が危ういとは思うんだけど、
亀井君が離脱すれば、存在意義もかなり薄くなる
んじゃないでしょうかね?

まあ、でも、次の選挙では民主党系は多分、ダメだろうね。

かといって、自民党にも期待ができないし、ここはやはり
維新の会とかに期待せざるを得ないのかな?

なんとも日本の政治には未来がないね。

2012年3月13日火曜日

中国国債、最大650億元購入へ

安住淳財務相は3月13日の閣議後記者会見で、
昨年12月の日中首脳会談で合意した日本の中国国債購入に関し、
中国当局から650億人民元(約8640億円)相当の購入枠を
取得したことを明らかにしたということだ。

はい?って感じなんですけど…

ほんとに中国国債なんて買うのかよ…

頭は正気か政府はって感じだね。

2012年3月12日月曜日

内閣支持上昇35%

読売新聞社が3月9~11日に実施した電話方式による
全国世論調査によると、野田内閣の支持率は35%で、
前回調査(2月10~12日)の30%から5ポイント上昇し、
内閣発足以来の下落に初めて歯止めがかかったということだ。

とはいえ、35%だからねぇ…

支持率、低すぎだよねぇ…

2012年3月9日金曜日

小沢元代表に禁錮3年求刑

資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡り、
政治資金規正法違反で強制起訴された民主党元代表、
小沢一郎被告(69)に対し、検察官役の指定弁護士は
3月9日、東京地裁の論告公判で禁錮3年を求刑したということだ。

判決は4月下旬の見通しということだけど、小沢君は
アウトじゃないでしょうかね?

もう引退した方がいいかと思います。

2012年2月8日水曜日

2011年経常黒字は過去最大の減少

2011年の経常黒字は前年比43.9%減の
9兆6289億円となり、1996年以来15年ぶりに
10兆円台を割り込んだということだ。

しかし、43.9%減ってかなり大きいよね…

震災の影響もあるんだろうけど、やはり
一番の原因はこの超円高だろうねぇ…

さすがに1ドル77円が普通に見えてきているから
ヤバイとしかいいようがないよね。

日本、このままだとヤバイかもしれないな。

2012年1月26日木曜日

選挙権、18歳以上に

野田佳彦首相は1月25日、選挙権年齢を現行の「20歳以上」から
「18歳以上」への引き下げに向け、公職選挙法改正案など関連法案を
今国会に提出する方針を固めたということだ。

これを機に、成人年齢を18歳にしたらどうかな?

いくら憲法改正手続きを定めた国民投票法は投票権を18歳以上と
定めているからといって、選挙権だけを18歳以上にするのは
ちょっと変な感じがするので、民法では年齢20歳をもって成年と
するとあるけど、18歳いいんじゃないかなって気がする。

酒もタバコもギャンブルも18歳からにして、成人式も
18歳でやり、少年法も年齢を引き下げるべきだね。

そもそも18歳で免許がとれるんだから、20歳から成人というのは
ちょっと遅いような気もするんだよね。

2012年1月25日水曜日

公務員給与、今春から8.03%削減

国家公務員の給与を引き下げる臨時特例法案をめぐり、
民主、自民、公明3党は1月25日の午前、国会内で
実務者協議を開き、民主党は今年3月から平均0.23%
引き下げる人事院勧告を実施したうえで、4月からさらに
平均7.8%を上乗せし、計平均8.03%減額する修正案を
提示し、自公両党のこれに基本的に合意したということだ。

8%でもまだ甘いような気もするけど、これで終わりにせずに、
給与だけでなく、人数も減らしていかないと根本的な改善には
ならないと思うね。

人数も減らした上で、全体で20%ぐらいの削減はしてもらわないと
赤字財政なんだからどうにもならないなって感じだね。

2012年1月12日木曜日

地方公務員の給与は労使交渉で

政府は1月11日、地方公務員の給与を労使交渉で
決められるようにする地方公務員制度改革関連法案を
次期通常国会に提出する方針を固めたということだ。

法案とかで給料を決めるなんておかしな話で
労使交渉でやればいいじゃんって感じなんだけどね。

スト権も認めて権利を与えておかないと、大幅な
給与の削減はできないだろうから、色々やれば
いいんじゃないかな?

警察官とか消防とかそういうのは困るけど、
市役所員とかどうでもいいから、給与を
思いっきり削減すべきだと思うな。

2012年1月11日水曜日

義援金500億円がまだ自治体にとどまる

岩手、宮城、福島の3県に昨年末までに配分された
義援金の計約3514億円のうち、約502・3億円が
県や市町村にとどまり、被災者の手に渡っていないということだ。

義援金が3500円というのもすごいけど、まだ
500億円が被災者の手に渡っていないというのは
結構遅いなって感じですね。

まあ、お役所仕事だから仕方がないとも言えるけど、
必要としている人には早く渡って欲しいものですね。

2012年1月9日月曜日

独立行政法人を7類型に再編

現行の独立行政法人制度は2013年度末にも廃止し、全102法人のうち
大半を「成果目標達成法人」と位置付けた上で、業務の特性に応じて
「研究開発型」「国際業務型」など7類型に再編するとのことだ。

あの~、再編はいいから、不要なものは即廃止してくれないかな?

独立行政法人って、大抵天下りのために作られたもので、
税金が垂れ流しになっているんですけど。

なんで、官僚のために就職先が必要なわけ?

いい加減、メスを入れて、税金の無駄遣いをやめてもらいたいものです。

政治家と官僚が癒着しているようでは良い国にはならないと思う。

2012年1月4日水曜日

橋下市長が市労組事務所の市庁舎退去要請

大阪市の橋下徹市長は1月4日、大阪市役所で中村義男・市労働組合連合会の
執行委員長と面談し、庁舎内に入居する6組合の事務所の早期退去を要請した
ということだ。

そもそも組合が庁舎内に入居しているのが問題だし、
家賃の6割減免だなんて馴れ合いもいいとこだよね。

こんなことをしてるから労組の一部役員が庁舎内で
勤務中に政治活動をしていても今まで問題にならなかったのだと思う。

ここはハッキリさせて、馴れ合いをなくすべきだね。