2011年10月24日月曜日

チュニジアで議会選の投票率90%超

チュニジアで10月23日、1月のベンアリ政権崩壊後初となる
憲法制定議会選挙が実施され、投票率は90%超えということだ。

90%越えというのはすごいよね。

日本でも村長選挙とかのように地域コミュニティが崩壊していず、
人口の少ないところは90%ぐらい行くところもあるけど、
基本的にはみんな選挙に無関心なのか、都市部では投票率は低いし、
90%なんて数字はとても行かないような投票率だね。

日本ももっと投票率が高くなれば、組織戦をやっている
公明党なんかは議席を落とすとは思うけど、残念ながら
日本人は政治に無関心な人が多いので、なかなか高投票率には
ならないだろうね。

税金を徴収するのは天引きが一番確実なんだろうけど、
政治に関心を持たすにはやっぱり確定申告をしないとダメだね。

0 件のコメント:

コメントを投稿