2014年3月28日金曜日

みんなの党の渡辺喜美代表、DHC会長から8億円借りて熊手買った

みんなの党の渡辺喜美代表は3月27日、国会内で記者団に対し、
化粧品販売会社DHCの吉田嘉明会長から計8億円借り入れた事実を
認めたの上で、「純粋に個人として借りた。違法性の認識はない」と述べ、
選挙費用や政治資金に充てていないとして、みんなの党の代表辞任も
否定しましたね。

DHC会長から借り入れた8億円の使途については、「会議や交際費、
旅費など政治資金を使うのにふさわしくない支出もある。公党の党首は
お金がかかる」と説明し、具体例に「酉の市でかなり大きい熊手」を
買ったなんてことを例に挙げています。

かなり大きい熊手って…正直ギャグにしか思えないんですけど(笑)

まさか、ウケを狙っていったわけではないですよね?

言い訳をするにも、無理がありすぎて、笑えるんですけど…

猪瀬知事が5000万円で辞めたのだから、渡辺喜美代表は
みんなの党の代表のみならず、議員辞職をするのが相当だと思います。

酉の市でかなり大きい熊手を買っただなんて言い訳が通用するほど
国民は甘くはないですよ。

税金で生活しているわけだなら、潔く議員辞職するべきですね。

しかし、政治というか、選挙はお金がかかって大変ですねぇ…

2013年2月6日水曜日

東京株急反発、午前終値は343円高

2月6日の東京株式市場は為替相場の円安を好感した
買い注文が膨らみ、全面高となり、日経平均株価の
午前終値は、前日比343円91銭高の1万1390円83銭で
ひけたということだ。

この株高は白川総裁が任期を待たずして辞任するということで、
円安が進み、それで株高になったといった感じですね。

しかし、この円安の進み具合はすごいですね。

まあ、そうはいっても、まだまだ93円とかなので、
以前に比べる円高なわけですが、民主党時代の
1ドル76円とかひどかったですからね。

ほんと、自民党になってから、バク上げしていますね。

どんだけ、民主党がひどかったのかって感じですが、
今後もこの調子で円安が進んで、1ドル100円を超す
水準で安定してもらいたいものですね。

1ドル100円ぐらいになれば、輸出企業の収益も
増えるでしょうし、更に株高になっていくんじゃないでしょうか。

今ぐらい分かりやすい相場なら、FXソフトなんて必要ないかもですね。

まあ、これだけ分かりやす相場もそうないでしょうが…

2013年1月18日金曜日

鳩山元首相は国賊

「尖閣諸島を係争地と認めることが大事だ」との鳩山由紀夫元首相の
中国での発言について、小野寺五典防衛相は、「日本にとって大きな
マイナスだ。言ってはいけないが『国賊』という言葉が一瞬、頭をよぎった」
と述べて、鳩山由紀夫元首相を強く非難したということだ。

総理大臣まで上り詰めた人が言うことではないですよね。

民主党って、どうしてこうも中韓寄りだったんでしょうね。

今日はようやく1ドル90円まで戻ってきたし、民主党政権は
一体なんだったんだろうって感じですね。

なんか選挙前にメディアに誘導された国民が民主党に
入れて、おかしくなってしまった2年半だったなって感じです。

2012年12月17日月曜日

菅前首相が比例で復活当選

民主前職の菅直人前首相が、東京18区では自民元職の
土屋正忠氏に敗れたが、比例の東京ブロックで復活当選し、
11選を果たしたということだ。

出た、比例での復活当選!

この制度、正直やめてもらいたいんですけど…

国民からしてみれば、小選挙区で落選しているのに、
比例で復活だなんてどういうことなんだって話に
なりますよね。

そもそも、比例区なんているのかって話ですが、
比例区がないと、今の小選挙区制度では共産党なんかは
当選者が出ないので、あったほうがいいのかもしれないけど、
どうなんだろうねぇ…って感じです。

ってか、選挙区を大きく分けないで、東京で何人、大阪で
何人って感じで選挙をやったら、比例区なんていらないし、
そっちのほうがいいとは思うんだけどね。

ブロックに分けすぎるからこんな感じになるわけで、
各都道府県で何人って感じにするほうが1票の格差も
是正しやすいと思うし、いいと思うんだけどね。

あと、人数多すぎだから、半減ぐらいにしてほしいです。

参議院は2回に分けてやるので、1回やめれば簡単に
半減できるし、衆議院も次回の選挙では半減ぐらいに
してもらいたいものです。

それと、政党助成金も廃止にしませんか?

共産党なんてもらっていないし、政党には党員がいるわけだから、
そこから会費を徴収して党を運営すればいいと思うんだけどね。

あと、政治家の特権も廃止でどうでしょう?

新幹線にただで乗れるとかやめてもらいたいです。

2012年11月21日水曜日

自民党が公約最終案「日銀法改正も視野」

自民党は20日、衆院選の政権公約の最終案をまとめ、
日銀法改正も視野に政府、日銀の連携強化の仕組みを作り、
大胆な金融緩和を行うと明記したということだ。

公約に明記するのはいいけど、実際はやんのか?って話だよね。

民主党なんて公約をことごとく反故にしちゃったし、
選挙目当ての公約ってアテにならないんだよね。

公約にするなら、必ず実行するぐらいの気持ちで
頑張ってもらいたいです。

嘘つきの政治家はいらないです。

2012年11月15日木曜日

民主、離党者続出で混乱

野田佳彦首相が16日の衆院解散を決断し、
政府・民主党が12月4日公示の16日投開票の
日程を決めたことを受け、離党者が続出しているようです。

山田正彦元農林水産相(衆院長崎3区)、富岡芳忠(比例北関東)、
山崎誠(比例南関東)、長尾敬(大阪14区)、中川治(大阪18区)の
各衆院議員が離党を決断したということです。

しかし、比例で当選しているのに、離党するってどういう
神経をしているんでしょうね?

比例で当選している議員さんは離党したら、クビにしないと
有権者も納得しないんじゃないかな?

ってか、比例区って必要か?って思いますけどね。

まあ、公明や共産党は比例がないと当選ができないから
必要だって意見もあるかもですが、そもそも党を選ぶというのは
どうかと思いますね、個人的には。

選挙なので、人を選ぼうよってね。

2012年10月24日水曜日

新車販売、消費増税で150万台減

日本自動車工業会は、消費税率が2015年10月に10%まで
引き上げられた後、16年以降の国内新車販売台数は
年間350万台程度に落ち込むとの試算をまとめたということだ。

まあ、消費税が上がったら、消費が落ちるのは仕方ないでしょうね。

消費税が上る前に買う人も多いと思うので、その瞬間は
売上が上がると思いますが…

どっちにしろ、消費税を上げても、売上が落ちるようなら
あまり税収が増えないかもしれませんね。

増税の前に、もっと支出を減らせって感じですが…